スポーツ栄養学について

なぜ今、スポーツ栄養が必要なのか?

“同じトレーニング量なら、最後の1秒、最後の1cmの差をもたらすのは、栄養である”
これはアメリカのオリンピックチームのトレーナーの言葉です。
スポーツの現場が科学を積極的に活用するのに伴い、アスリートの体力向上に対するスポーツ栄養に関する情報も増え、食事指導も様々な角度から行われるようになりました。
しかしながら、多くの現場では、選手や指導者、また保護者も栄養の基礎知識に乏しく、日常の中で正しく実践されていなかったり、結果に結びついていなかったりする場面が多々見られます。
選手の数だけ必要な栄養学があります。「結果」を残せるアスリートになるために、1人1人の身体や心、目的に沿った適格なアプローチが今後もよりいっそう必要になっていくでしょう。
成績を残すためには、選手や指導者保護者が正しい知識と実践力を身につけたうえで、掲げる目標に向けたコンディショニングとパフォーマンス力を上げていく環境作りこそが必要になると考えます。